2018/04/25 17:29

nekinekiは、元々鍵盤ハーモニカ奏者です。
音楽活動に専念していたのですが、益子陶器市に出店を誘われ、
手作り石鹸を作りはじめました。
形のないものを形にするのが好きな私。
石鹸を売るには、手続きが必要と知り、調べていくと結構大変・・・

それを知ったからには、もう石鹸は売れないなぁ・・・
と思い、図書館へネタ探しに出かけたら、
ある雑誌に、羊毛で作ったランプシェードが載ってたんです。

フンワリとした明かりに魅了され、作ってみる事にしました。
きっかけは、そんな簡単なものでした。

初めてなので、何をどうすればいいのか、全くわからず、
その雑誌に記載されてある通りに作ってみたら、寸足らずなものが出来上がりました。

これじゃ、恥ずかしい・・・

何かもっと他にないかなぁ・・・と、今まで羊毛を気にしていなかったので、
さまざまな羊毛製品を探してみました。

羊毛フェルトのブームは、すでに何回か過ぎていて、スイーツを作ってしまう人や、
人形、カバンなど、出回っているものばかり。

これから私が作ろうとして、誰かと被らないデザインってできるものなのか???

色々試行錯誤し、コースターから売り始めました。
どの位、ゴシゴシすればいいのかもわからず、自分で使いやすい状態として完成させてました。


とにかく作る!時間があれば、羊毛を触ってました。
数を重ねると、完成形が甘かった事がわかります。

ああでもないこうでもないの果てに出来たのが、このペットボトルホルダーです。
本体だけでも使えるけど、持っていて楽しいのがいい。
すれ違った人が、振り向いてくれるようなものがいい。
そう思って出来上がりました。
この作品は、5年ほど前のものです。

こうして、本体に顔をつける事から始まり、うっかり顔だけでなく、首から足から、
様々なものが出てくるようになりました。


せっかくなので、後ろ姿もつけよう!

こんな状態に。

その時々の私の気分によって、さまざまな物がうっかりします。
テーマを「うっかりさん」にする事で、アイデアが浮かびやすくなりました。

というわけで、まずは、ペットボトルホルダーから出品しております。

本体は使っていくうちに、毛玉が出てきます。
引っ張らずに、ハサミで切って下さい。長持ちします。
うっかりしている顔や体は、ニードル(針)で作っております。
こちらは、摩擦に非常に弱いです。毛羽立ってきます。

気温も上がり、お出かけするのに絶好の陽気になってきました。
このペットボトルホルダーを片手に、お出かけしませんか?
きっと、注目の的になるでしょう。

満員電車は気をつけて下さい。